玉砂利を敷く効果とは|自宅を守る方法を大公開

敷くだけで防犯対策

石

ジャリジャリと音が出る石

自宅の周りの地面が土の場合、通った人がいても足音1つしないため、空き巣などの侵入犯に狙われるのではないかという不安を抱えることになります。家の周りの防犯対策の1つとして、音の出る防犯砂利を敷き詰めるという方法があります。防犯砂利とは、石を敷き詰めた上を人が歩くと石と石が擦れ合い、ジャリジャリと大きな音がするように加工された人工石です。リサイクルガラスなどから作られており、ホームセンターで市販されています。防犯対策として作られたもの以外でも、鉢底に敷くのに使用するような音の出る石などでも利用できます。侵入犯は、誰にも気づかれずに素早く立ち去りたいものですが、音が鳴ることで周囲に自分の存在を知らせてしまうため、高い防犯効果が期待できます。特に交通量の少ない静かな住宅街や深夜などは、騒音が少ないので、ジャリジャリという砂利の音が余計に大きく響きます。周辺の住人にとっては誰か人が来たことを察知するのにたいへん便利で、侵入犯には心理的負荷が与えられる、まさに一石二鳥の防犯アイテムといえます。砂利は地面から約5cmほどの厚さになるように、庭や玄関周りにびっしりと敷き詰めます。均一に敷き詰めなかったり、砂利の量が少なかったりすると、音が出にくいので気をつけましょう。砂利を敷き詰めた後は実際に自分で踏み鳴らしてみて、量が少ないようであれば追加してください。また、住宅の外観や庭の景観にマッチしたものを購入することも大切です。